紅蓮の牙

二次創作中心。仮面ライダーキバと灼眼のシャナのクロスを連載中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

第二十一話・アチェレランド/崩壊の兆し.前篇


「行くぞ!!」


Rキバーラは、ザンバットソードとキバーラサーベルを交差させ、軸足に力を込める。
生み出された爆発的な瞬発力により、Rキバーラはディエンドとの距離を一瞬にして詰めた。


「おっと!?」


ディエンドは一対の剣を、ディエンドドライバーの銃身で受け止める。
カキン、と軽い金属音が響くが、その音をディエンドが捉えた時、Rキバーラは既に彼の背後にいた。


(早ッ……!!)
「っはぁ!!」


ディエンドでさえも瞠目せざるを得ないスピード。
感知する隙さえも与えない刃が、ディエンドを袈裟に斬りつける。


「このっ……」

【ATTCK.RIDE-ILLUSION!!】


電子音と共に、ディエンドの姿がぶれ始めると、生まれた残像が実体化し、新たに二人のディエンドが現れた。


「今度は分身……あいつ、本当に何者なんだ?」
「攻撃が多彩過ぎる。いくら奏夜でも……」


見守るしかない悠二とシャナを嘲笑うように、ディエンドは新たなカードを装填する。


【ATTCK.RIDE-BLAST!!】


「今度のは、そのスピードでも避けられないよ」


三丁のディエンドライバーから、追尾能力のある【ディエンドブラスト】が放たれる。流星群の如く飛来する光弾、しかしRキバーラは動じない。


「確かに避けるのは難しそうだ。――それなら」


Rキバーラは構えた二本の剣を、上空目掛けて振り抜く。
目にも止まらない、残像さえも生み出す高速斬撃に阻まれ、シアン色の光弾は全て撃ち落とされる。


「全て止めればいいんだよな」


唖然とする人間の中で、悠二が隣に立つ少女と白騎士に尋ねる。


「……シャナ、名護さん、見えた?」
「初撃だけ。あとは朧気にしか見えなかった」
「私も似たようなものだ」


だが、驚愕するのは彼らだけではない。


「い、一瞬であれだけの弾丸を……」
「すごーい! びゅんびゅん動いてて全然見えないや!」
「あの人、凄いです……。私よりも完璧に、キバーラを使いこなしてる」


はしゃぐ彩香に対し、夏海はやや羨望が混じった瞳を浮かべていた。
彼女が仮面ライダーキバーラに変身した回数は、未だに両手で数えられる程度。
片や奏夜は、キバとして長年戦い続けていた歴戦の戦士。
経験による戦闘スキルの差は、もはや言うまでもないレベルだった。


ディエンドの口調から余裕は消えていたが、それでもまだ、皮肉っぽい笑い声を、仮面の下から漏らす。


「へぇ……キミ、そんな鎧も持ってたんだね。この前僕が“魔皇竜”を盗んだ時は、使っていなかったけど」
「ああ、今は諸事情でキバが使えないんでな。それまでの代用品だ」
「ちょっと! 私をいらない子みたいに言わないでよ!」


バックルのキバーラから抗議が聞こえてきたが無視する。


「確かに、基本スペックは『黄金のキバ』をも凌いでいる。素晴らしいお宝だ――けど、その鎧には何かリスクがあるようだね。でなければ、キミは普段からそっちの鎧を使っているはずだ。一番可能性がありそうなのは……変身の時間制限ってところかい?」
「……さあて、それはどうかな?」


誤魔化すRキバーラだが、ディエンドの読みは当たっていた。
黄金のキバよりも、変身に要する魔皇力が多いRキバーラには、長時間変身を維持できない、という弱点がある。


相手が持久戦を狙うのを避ける為、あまり知られたくない事実ではあったのだが、ディエンドには無駄だったようだ。
Rキバーラは再び、二本の剣を重ねる。


「例え時間制限があろうが無かろうが、お前をボコボコにするのに、そこまで時間はかけないさ」
「ふっ、ボコボコにされるのはどちらだろうね」


二体の分身を解除し、ディエンドは新たな二枚のカードを取り出した。


「君には、これなんかちょうどいい」


【KAMEN.RIDE.OUJA!!】
【KAMEN.RIDE.ZANKI!!】


「行ってらっしゃい」


ディエンドがトリガーを引くと、七色の影がオーバーラップし、二人の戦士の姿を象った。


「祭りの場所は、ここかぁ……?」


首をゴキリと鳴らすのは、コブラの意匠を凝らした紫色の戦士――仮面ライダー王蛇。
ギター型の武器、音撃真弦・烈斬を担ぐのは、筋肉質な黒い外皮を持つ戦士――仮面ライダー斬鬼。


「またあの召還能力か……」
『厄介な能力だな。蛇と……鬼か?』


ザンバットから聞こえる次狼の声に、


「鬼だ」


斬鬼が次狼と似た声のトーンで答え、Rキバーラへ向かってくる。


「っと!」


烈斬をまるで槍のように使いこなす斬鬼の攻撃を、ザンバットソードで受け止める。


「俺も混ぜろぉ……!!」


そこへ別サイドから、王蛇のベノサーベルが振り被られた。
キバーラサーベルで防御するも、王蛇は鬼気迫る勢いで剣を押してくる。


「どうした、この程度か……。俺をイライラさせるなよぉ……!!」
「知るか! そんなイライラするならサバでも喰っとけ!! カルシウム含まれてるから!」
「サバじゃねぇ……!!」


どこかで聞いたようなやり取りをしつつも、Rキバーラはきっちりベノサーベルを弾き返す。

「高速移動で一気にカタをつけるぞ!!」
「わかった!」


キバーラが応じると、Rキバーラは再び超高速の世界へと姿を隠す。


「ホウ……本当に楽しいなぁ、ライダーってのは……!」


Rキバーラにも動じず、王蛇は召還杖ベノバイザーの上部、カードリーダー部分を開き、アドベントカードをスロットする。


【UNITE.VENT】


電子音に呼び寄せられ、何処からともなく王蛇の契約モンスター、ベノスネーカー、メタルゲラス、エビルダイバーが現れる。
召還された三体が一所に集まり、一体のモンスター『ジェノサイダー』へと姿を変えた。
すかさず王蛇は、新しいカードを装填する。


【FINAL.VENT】


ジェノサイダーの腹部が開き、小型のブラックホールが顔を出す。
圧倒的な吸引力が、Rキバーラのスピードを鈍らせ、高速移動状態が解除される。


「なっ、そうきたか!?」


加速を維持しようとするが、直ぐ吸引力に阻害される。
すかさず、ジェノサイダーの背後にいた斬鬼が、音撃真弦・烈斬に、バックルの音撃震を装着し、本体下部の刃を展開する。


「音撃斬!! 雷電斬震!!」


斬鬼が音撃真弦・烈斬をかき鳴らし、激しいビートの音楽が周囲一帯を支配する。


「なんだ? あっちの鬼、いきなり音楽弾き出したけど」
「いえ、ただの音楽じゃないわ! 奏夜、離れなさい!!」


悠二の観察通り、端から見れば、ただの野外ライブか何かにしか見えないだろう。
しかしシャナは、斬鬼の奏でる旋律に、存在の力に近い何かを感じ取っていた。


「せいやっ!!」


しかし、時すでに遅し。斬鬼は曲を弾き終え、音撃真弦を地面に突き立てた。
清めの音が地を伝い、Rキバーラの足元を吹き飛ばす。


「うおっ!!」


踏ん張る力を失い、浮き上がったRキバーラが、ジェノサイダーへ吸い込まれていく。


『奏夜(くん)!! キバーラ!!』


シャナとイクサが駆け出すとほぼ同じく、


「うるぁぁぁ!!」


吸い込まれるRキバーラの背後から、追い討ちをかけるように王蛇が、吸引力を上乗せしたキック【ドゥームズデイ】を叩き込む。


「終わりだ!!」


斬鬼もまた、ジェノサイダーの背後からジャンプし、音撃真弦を振り被る。
二体のライダーによる挟み撃ちの状態だ。


「……なーんちゃって」
「うふふ~、WAKE.UP!!」


おどけた口調で、Rキバーラは内に秘めた魔皇力を高める。
キバーラのコールと共に、真紅に輝く――シャナの物にも似た紅の翼が、Rキバーラの背中から広がった。
羽ばたく翼が、王蛇と斬鬼の攻撃から、Rキバーラを上空へ逃がす。


『なにっ!!』


「そのヘンテコモンスターの上空なら、吸引力も何もねーだろ!!」


今度は逆に、王蛇と斬鬼の方が、空中で身動きが出来なくなっていた。
これを見逃すRキバーラではない。


「じゃあな。――はぁっ!!」


二刀を構えたキバーラが二体のライダーに突撃し、彼の必殺技『ソニックスタッブ』が発動。
翼による加速と、持ち前のスピードを併用した一撃は、王蛇と斬鬼に敗北すら通知しない。


『ぐあぁぁぁっ!!』


二体のライダーが、七色の影となって消えたのを目の端に収め、Rキバーラは勢いを殺さず、そのままディエンドへと特攻していく。


(夏メロンのキバーラより速いし、避けるのは無理だな……なら)


ホルダーからカードを取り出し、素早い動作で、ディエンドはライドリーダーへ装填する。


「迎え撃つまでだ!!」


【FINAL.ATTACK.RIDE-DI.DI.DI.DIEND!!】


ディエンドライバーの銃口を正面に向ける。彼の必殺技『ディメンジョンシュート』の発動動作だ。


「くらいやがれっ!」
「ハァッ!」


ほぼ同じタイミングで、Rキバーラが二刀を振り被り、ディエンドがトリガーを引く。


二人の必殺技が、正面からぶつかった――



◆◆◆


「……お前ほど発言が信用できないヤツはいないな、海東」


ぶつからなかった。
銃を持つディエンドの腕と、Rキバーラの二刀を、何者かが差し止めていたからだ。


【TIME.OUT】


電子音が鳴り、黒いボディに赤い複眼の戦士、仮面ライダーDファイズ・アクセルフォームが現れる。


「この世界にいる間、お前の顔を見なくていいと思った俺の喜びを返せ」
「……僕は奪ったものをそう易々とは返さないよ、士。君の喜びとやらもね」


ディエンドが銃を収めたのを見て、DファイズAFは変身を解除し、ディケイドが彼の腕を放す。


「ほら、あんたも剣収めて。いきなり拳で語るっていうのも良くないだろ」
「その声……あんた、ユウスケか?」


Rキバーラを止めていたのは、小野寺ユウスケが変身した超古代戦士――仮面ライダークウガ。
その運動能力特化形態、ドラゴンフォームだった。
その手には、棒きれから変化させたドラゴンロッドが握られており、長い柄はRキバーラの二刀を受け止めていた。


「なんの真似だ。俺はそいつに盗られたものを取り返したいだけなんだが?」
「と、とりあえず、剣を押すの止めてくれないか? 足が笑ってきた」
クウガDFに言われ、Rキバーラも渋々剣を収める。


「まーまー。あんたの言い分は、海東の所業を考えればすごーく分かるんだけどさ。もうちょっと話し合わないか? 闘うのなんて、そうした後でも遅くないだろ?」


RキバーラはクウガDFをしばらく凝視した後、


「……ふん、一理あるな。だが話合いがどうなろうと、俺の友達はどんな手を使ってでも返して貰うぞ」


静かに変身を解き、Rキバーラは奏夜の姿へと戻る。
ディケイド、ディエンド、クウガも変身を解除し、それぞれ本来の姿に戻った。
シャナ、悠二、イクサらが状況について行こうとする中、士が奏夜に向けて口を開く。


「あんたが“この世界のキバ”だな」
「お前、何でそれを知って……いや」


“この世界”という単語から、奏夜はある名を連想する。


「そうか。お前がディケイドってヤツだな」
「ほう、俺を知ってるのか」
「ああ、お前のことは聞いている。世界を破壊する悪魔だとな」


聞き覚えのあるフレーズに、士の顔がやや曇る。


「……チッ、随分と懐かしい手を使ってきやがったな。鳴滝のヤツ……」


吐き捨てるように毒づき、士は奏夜に向き直る。


「この世界について、いくつか尋ねたいことがある。こっちのこそ泥の話も聞かせてやるから着いてこい」
「オイオイ、物の頼み方がなってないな。『着いてきてください』じゃないのか?」


互いの不遜な対応が癪に触ったのか、士と奏夜の間に火花が散った。
その場にいた全員が、二人の性格を照らし合わせ、思った。


(この二人、絶対相性悪いな)


◆◆◆


「白状しなさい、あなたがニセモノでしょ!?」
「言いがかりはやめて頂戴! あなたこそニセモノなんじゃないの!?」


場所は移って光写真館。
士達はあの後、『内緒話ができる所』という括りでここを紹介し、キバや紅世に関わる人間を招いていた。
――その際、ディケイド一行のキバーラと、奏夜の連れたキバーラが鉢合わせてしまい、前述のようなやり取りになってしまったのだが。


「……なんか、すみません。奏夜さん」
「いや気にしないでくれ、こっちにも問題はあるから」


苦笑いしながら、奏夜と夏海がキバーラを諌めている内に、店の奥から夏海の祖父――光栄次郎が現れる。


「ささ、皆さん。コーヒーでもいかがですか?」


栄次郎が、シャナ、悠二、吉田、田中、佐藤といった1年2組のメンバーに、コーヒーを振る舞う。


「……コーヒー好きじゃない」
「シャナ、折角出してくれたのに失礼だろ。吉田さん、佐藤と田中にも回してあげて」
「はい」
「あ、どうも」
「わざわざすみません」
「ハハハ、なんのなんの。しかし今日はまた大所帯だねぇ」


佐藤と田中の礼に笑顔で返しつつ、栄次郎を館内を見渡す。
先の1年2組メンバーに加え、奏夜と名護。合流した太牙とマージョリー。
士達ディケイドメンバーを含めれば、計15人の人間がこの写真館に集まっているのだから。


「――と、ここまでが俺達の素性だよ」
「世界を救う為に、様々な世界を旅している、か」


ここにきてまず、士達(士が説明を拒否した為、実際に説明したのはユウスケだったが)は、自分達が何者なのかを明かした。
ディケイド、様々なライダー世界、ショッカー、その他諸々を余すところ無く。


「俄には信じがたいが……士君やユウスケ君の変身を見れば、信じるしかあるまい」
「君達は、僕や名護のことも別の世界で知っていたのかい?」
「はい。名護さんにも太牙さんにも、ポジ・キバの世界でお会いしたんです」


太牙の疑問に答える夏海だったが、やはり名護も太牙も困惑しているらしかった。
まだ半信半疑なマージョリーが口を開く。


「世を渡って長いけど、平行世界ねぇ……」
『こりゃまた突飛な話だぜ。ヒッヒヒ』


グリモアから聞こえるマルコシアスの声に、ユウスケと夏海がびくりと肩を揺らす。



「ほ、本が……」
「しゃべってます!!」
「わー!! 凄い凄い!! しゃべる本なんて初めて見た!!」


彩香がグリモアに目を輝かせるのを見ながら、奏夜が言う。


「ま、お前らの素性に関しちゃ信じてやるよ」
「随分と物分かりがいいな」
「ああ、まぁな」


奏夜はちらりとシャナとマージョリーを見やる。
彼女達の持つ力も、本来は異世界『紅世』からもたらされたもの。
異世界の存在が確かなら、他の異世界が存在する可能性は否定できない。


「じゃあそろそろ、お前達のことについても話して貰うぞ、紅奏夜。俺達の素性を聞いて、今更何も教えないってのはナシだぜ」
「説明したの主にユウスケと夏海ちゃんじゃねぇか。門矢はただコーヒー飲んでただけだろ」
「細かいことをネチネチと……みみっちい器をお持ちだな。この世界のキバは」


バチリ、と再び奏夜と士の間に火花が光る。


(お互い俺様気質っぽいもんなぁ……)


やはり相容れないのか。
二人の授業を受けている一年二組メンバーがそう思っていると……。


「二人とも止めて下さいっ!! 笑いのツボ!!」


仲裁に入った夏海が、二人に親指を突き立てた。


『ぷっ、あはははははははははは!!』


苦しそうに笑い出す奏夜と士。
突然の事態におののく一同に、ユウスケは柔らかな笑みを向ける。


「あ、大丈夫大丈夫。いつものことだから」
「いつものことって……」


どんないつもなんだろう。
悠二は、爽やかなユウスケの笑顔の裏に、底知れない苦労を感じ取った。



運悪く巻き込まれた形の奏夜は、ひぃひぃと腹を抱えながら、同じく笑い疲れた様子の士に向き直る。


「た、確かファンガイアやキバについては知ってるんだったな……ならまずは、紅世のことから話してやるよ」


◆◆◆


「――ここまでの話、わかったか?」
「ああ、だいたいはな」


紅世、フレイムヘイズ、徒のことを聞き終え、士は唸る。


「人間の持つ存在の力を喰う徒に、徒を狩る討滅者、フレイムヘイズか……」
「シャナちゃんやマージョリーさんが、そのフレイムヘイズなんだよね?」


ユウスケの問いに、シャナとマージョリーが頷く。


「私が『炎髪灼眼の討ち手』で、そっちが『弔詞の詠み手』。紅世の王を身に宿し、世界のバランスを保つ為に戦う存在よ」


堂々とした名乗りを聞きつつ、夏海は物思いにふける士を見る。


「……士君、ポジ・キバの世界でも、ネガ・キバの世界でも、フレイムヘイズなんて言葉は聞きませんでしたよね」
「ああ、やはりこの世界は、何か他の世界と異なっているのかも知れないな」
「そりゃそうさ。ここは『完全な融合を果たした世界』だからね」


ここに来て、ずっと黙ったままコーヒーを啜っていた海東が割り込んできた。


「『完全な融合を果たした世界』? ……どういう意味だ、海東」
海東は「言葉通りの意味さ」とコーヒーカップを置いた。


「かつて、士が中心となって起こった世界の融合……引き寄せられた世界同士がぶつかれば、両方の世界が消滅するのは知ってるよね。
しかし、ぶつかった2つの世界が、何かしらの意味で“似通った”世界だった場合、稀に消滅を免れることがある。
消滅を免れた世界は、崩壊を伴わない完全な融合を果たし、以後、世界の融合に巻き込まれることもない」
「その『完全な融合を果たした世界』が、このキバの世界なのか?」


「そういうことだよ」とユウスケの疑問を解消し、海東はコーヒーにミルクを追加する。


「言わば、ここはキバとフレイムヘイズの物語が融合した世界なのさ。知る人間には【BLAZING.BLOODの世界】とも呼ばれているけどね」
「BLAZING.BLOODの世界……」
「ずいぶんと詳しいな、海東。こそ泥稼業の為の下調べか?」


棘のある士の言い回しに、海東は肩をすくめた。


「前に来たことがあるから知ってるだけだよ。そこのキバとも、その時に会ったんだ」
「……そーいや、その話がまだだったな」


がたりと席を立ち、奏夜は海東に詰め寄る。


「おい海東大樹、俺の友達を何処へやった。今すぐに返せ」
「そーだぞ海東、今のうちに返して、穏便に済ませた方が良いって」


なるべく戦いになるようなことは避けたいユウスケも、説得に加わるが、海東は歯牙にもかけない。


「さっきも言っただろ。返せと言われて返すくらいなら、最初から盗みやしないってね。
百歩譲って返すとしても……そうだな。『魔皇竜』に匹敵するお宝を提供してくれるっていうなら、返してあげてもいいけどさ」
「んだとぉ!? てめえ何様のつもりだ!!」


海東に掴み掛かろうとする奏夜を、今度は名護と太牙が諌める。


「落ち着きなさい奏夜君。キミらしくないぞ」
「ここで拳に訴えても、状況を悪くするだけだ。今は目の前のことを片付けよう」


二人の正論に、奏夜は舌打ちをして海東から離れる。


(なんだか、今までのキバとはだいぶ違う人だなぁ)


ユウスケは思う。


今まで出会ったネガ世界のキバであるワタル、ポジ世界のキバである紅渡、二人と照らし合わせてみると、紅奏夜はどちらにも似つかない。
内向的だった二人に比べ、ガンガン自分の感情を出していくタイプに見えた。


そこまで考え、ふとユウスケは単純な疑問を口にする。


「そう言えば奏夜さん、キバの鎧はどうしちゃったんですか? 海東と戦ってた時は、キバーラの力を借りてたみたいだけど」
「……」


表情を曇らせ、奏夜は椅子に深く座り込む。


「奪われたんだよ。つい数日前、海東大樹とは違うヤツにな」
「奪われたって……王の証を!?」


ユウスケが目を丸くする矢先、士がクックと口角を吊り上げた。


「おいおい、反省を活かせてないな。海東に友達とやらを盗まれて、今度はキバの鎧まで盗まれたのか? いい仕事をしていらっしゃる」
「おい士、そんな言い方……」
「いいよユウスケ。そこに関してだけは、門矢の言う通りだ。病み上がりとはいえ、油断してた」


あっさり自分の非を認める奏夜。それだけ、今回の出来事は思いもよらない事態であり、また屈辱だったのだろう。


「だから落とし前は俺がつけなきゃな」


コーヒーを一気に煽り、奏夜は玄関口の扉に手をかける。


「奏夜。どこにいく気だ?」
「決まってるだろ兄さん。あのファンガイアを探してキバットを取り返す。目の前の問題から片付けようって言ったのは兄さんじゃないか」
「それはそうだが……」


言い澱む太牙の後ろから、士が奏夜に声をかける。


「どうしてもっていうなら、俺が力を貸してやってもいいぜ、紅奏夜」
「これは俺の問題だ。部外者を巻き込むわけにはいかない。第一、悪魔なんて呼ばれてるヤツを信用できるか」
「……ああ、そうかい」


館内に剣呑な空気が流れたが、奏夜はしばらく士を睨み付けた後、キバーラを引き連れて、写真館から出て行った。


「お前らの先生ってのは、あまり好感が持てるヤツじゃないな」


士に指摘されるまでもなく、全員が当惑していた。
不遜な態度こそすれ、奏夜があそこまで淡白な態度を取ることなど、今までに一度もなかったからだ。


「今までのキバとはまったく違う。あんなのが王じゃ、未来は暗いな」
「奏夜のことを悪く言うな!!」


誰もが一瞬、誰が叫んだのかわからなかった。
声の主の隣に座っていたはずの、悠二や吉田でさえも、だ。
止まった思考を再起動し、ようやく声を張り上げたのが、シャナだったと気が付く。


周りに構わず、シャナは士に言葉をぶつける。


「会ったばっかりで、奏夜のこと何も知らない癖に、知ったような言葉並べないで!!」


無性に腹が立った。さっきの態度からすれば、士の奏夜に対する判断は仕方がないとは思う。 しかしそれでも、士の言い方には我慢ならなかったのだ。


それだけ、シャナにとって奏夜の存在は大きい。口にこそ出さないが、ここにいる全員にとっても、それは同じことだろう。
それを朧気ながら感じ取った士は、


「……」


じっとシャナの鋭い目線を受け止め、溜め息をついた。


「……成る程、そういうことか。面倒くさいヤツだ」
「?」


士の発した言葉の意味を理解できず、首を傾げるシャナ。
しかし次の瞬間、彼女の瞳が緊張に揺らいだ。
傍にいたマージョリーも同様である。


『気付いたか、シャナ』
「うん、存在の力の動きがある」
『こりゃあ中々の大物みてぇだな、ヒャハハ!!」』
「ファンガイアの気配もあるわね。こっちも結構デカいわ」


言うが早いか、二人のフレイムヘイズは勢いよく写真館から飛び出していった。


「あっ、シャナ。僕も……!!」
「待て悠二くん」


後を追いかけた悠二を、太牙が引き止める。


「君は純粋な戦いでは、役に立てないだろう。ここに残っておいた方がいい」
「でも、またミサゴ祭りみたいな手を使って来たら……!!」
「なら尚更ここにいるんだ。君の仕事は戦いじゃない。得た情報から、何か策を見つけることだろう? 情報を持ち帰るのは、僕らの仕事だ」


悠二を落ち着かせて、太牙は名護を見る。


「名護は、一美ちゃんたちを見ていてくれないか? ここに連中が来ないとも限らない」
「わかった。任せなさい」


名護が頷く傍ら、ユウスケも士を促していた。


「早く行くぞ士、怪人退治なら、俺達の出番だろ!?」
「……まったく世話の焼ける」


士は渋々と立ち上がり、夏海を指差す。


「夏みかんは、そこのこそ泥を逃げないように見張ってろ。ついでに、そこのお気楽娘もな」
「わかりました。士君もユウスケも、気を付けてくださいね」


夏海の気遣いと、彩香の「誰がお気楽娘かー!!」という抗議に見送られながら、士、ユウスケ、太牙もまた、写真館から飛び出していく。
スポンサーサイト
  1. 2012/05/01(火) 00:47:30|
  2. 仮面ライダーキバ/BLAZING.BLOOD
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<第二十一話・アチェレランド/崩壊の兆し.後篇 | ホーム | 【感想】特命戦隊ゴーバスターズ Mission10.戦う理由>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://syanakiva.blog.fc2.com/tb.php/57-78c17335
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。