紅蓮の牙

二次創作中心。仮面ライダーキバと灼眼のシャナのクロスを連載中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【感想】仮面ライダーフォーゼ 最終話.青・春・銀・河


最終回。
青春を駆け抜けた若者の物語、ついに完結です。

・消えた賢吾を悼む隙もなく、爆発するラビットハッチ。こらまた派手にぶっ壊れましたね…ムービー大戦には出ないのか。

・「食堂に新しいメニューの野菜スープがある。是非食べてくれたまえ」
賢吾を消した後に何食わぬ顔でこの一言。マジ怖いです。

・圧倒的な力に意気消沈するライダー部。そこでユウキは、賢吾から渡された手紙のことを思い出します。そこには「我望を恨まず、ただ止めて欲しい」という願いと、ライダー部へのみんなのメッセージがありました。

・「ちゃんと料理が作れて安心した」
「……料理くらい、作れるよぉ……」
個人的にユウキへのメッセージが一番胸に来ました。なんか物凄くまっすぐに感じたんですよ、ユウキへの言葉が……ひょっとしたら弦ちゃんへのメッセージ以上に。

・「残り少ない時間を自由に過ごしたまえ」
理事長の最後のスピーチ。天校が恐怖に包まれる中、立ち上がるは再起したライダー部。
OPと同じ構図で廊下を歩く弦ちゃんの顔が鋭いこと鋭いこと。

・「あんたの怒りも、絶望も、全部ひっくるめてダチになる!」
メテオと共に最後の戦いへ望む弦ちゃん。しかしそれは恨みではなく、理事長を受け入れる為の戦い。食堂でスープ食ってたのは、理事長のことを少しでも知りたかったからだったんですかねぇ……

・「仮面ライダーフォーゼ!!最後の……タイマン張らせて貰うぜ!!」
ここでステイツチェンジラッシュはいいですね。去年のライダーはフォームが100以上ありましたから現実的に不可能でしたし(笑)

・「弦太朗と、この天校で出来た友達と一緒に生きる!自ら滅びを求める男に、負けるわけがない!」
一方でメテオとレオの戦いも遂に決着。
敬愛する男に命を捧げた男と、友達と一緒にいる為に生き残ろうとする男。
軍配が上がったのは、友達とある未来へ、懸命に食らいついた流星でした。
ラストバトルだけあって、壮絶な戦いでしたな。ストームパニッシャーでの倍返しカウンターには痺れました。


・「アンタに贈り物がある……」
ワープドライブで理事長を天校に連れてくる弦ちゃん。そこではライダー部のみんなが、理事長からの卒業式を準備していました。
理由はどうあれ、自分達が変わるキッカケをくれた天校を作ったのは理事長。だから彼の思惑から卒業し、自分達の天校を掴むという意志表示。なんか、今までの最終決戦とは毛色が違いますね。

・「3、2、1!! 宇宙キターーー――ー!!」
そして決まり手、全ての始まりとなった、ライダーロケットドリルキックで弦ちゃんはサジタリウスノヴァにトドメを刺します。

・「ダチになってくれ、理事長」
「……本当に、何者なんだキミは」
「俺は如月弦太朗!!天校の連中全員と友達になる男だ!!」
ラスボスとさえも和解する男、如月弦太朗!やっぱりただ倒すだけってのは、弦ちゃんには似合いませんね。ぶつかり合って受け入れるからこその弦ちゃんです。

・「君達がプレゼンターに会え!!私が成し遂げられなかったことを、君達がやってくれ!」
「約束は果たせなかったな……だが、私の生徒達が必ず行く。その時はよろしく頼む……」
友達になったのも束の間、強制進化の影響で、理事長の命は尽きかけていました。公園でかつて夢見た宇宙に想いを馳せる理事長。しかし、彼がかつて失った友達を取り戻し、彼の夢も新たな時代に引き継がれた――そう考えれば、理事長もまた救われたのではないでしょうか。
欲を言えば、賢吾の父への謝罪が欲しかったですが…まぁ、軽々と謝るのも理事長らしくないかもですね。

・「人から渡された手紙はちゃんと読め」 賢吾のいない辛さから、一話の橋で手紙を捨てようとする弦ちゃん。しかし、そこには消えたはずの賢吾が!
理事長が死に際、アクエリアスの力を使い、コアスイッチを再生させていた模様。理事長……粋なことしやがって……。
彼にも、立神と同じ力があったのでしょうかね。サジタリウスのパワーを考えれば、不思議なことではないかもですが。

・「違うよ。そんなんじゃない。……じゃあまた」
「……そう、彼女さんじゃないんだ」
昴星に帰る流星と、見送りにきた友子の会話。
もうこれは期待していいですよね?ムービー大戦で付き合ってる二人が見られるのを!

・一方で美羽と大文字さんの仲は相変わらずでした。まぁ、この二人らしいといいますか(笑)
そして、二人の前を通り過ぎる魔法使い。来週からの彼の物語にも期待です。

・「次は宇宙人ともダチになるぜ!」
ランとハルも加わったライダー部は、気持ちも新たに次はプレゼンターとダチになるべく動き出します。
銀河へ轟く若者の叫びと共に、フォーゼの物語も完結を迎えました。




いや、終わっちゃいましたねフォーゼ。最初はオーズ以上に見た目の批判があったライダーでしたが、終わってみればソツなく、青春を謳歌する若者を描く学園モノと仮面ライダーを、うまく融合させていたのではないでしょうか。

まぁ、指摘したい点も無いではないですが……。

・ユウキと離れている間、弦ちゃんに何があったのか。(第二話のユウキの「弦ちゃんちょっと変わったね」という発言から)
・プレゼンターとは何者だったのか。
・弦ちゃんの両親の小難しい名前の仕事とはどんな仕事なのか。

ざっと未回収の伏線を上げてみましたが、特に最初に指摘した点が気になります。
ジェミニ回での回想シーンの弦ちゃんは、友達を信じようとするスタンスは同じでしたが、ユウキの宇宙の声発言に対して「そんなのあるわけない」と常識的に返しています。今の弦ちゃんを考えると、やはり違和感を覚える発言です。
子供の頃の話と言えばそれまでですが、あの底抜けの友達至上主義になるには、よっぽどの出来事があったと思うんですよね……そのあたり、ムービー大戦での回収を期待します。




まぁ何はともあれ、フォーゼらしい爽やかなラストだったことには違いありません。
スタッフやキャストの皆さん、一年間お疲れ様でした。

ムービー大戦が待ち遠しい限りですが、今は次世代ライダーのウィザードを楽しみましょう。
スポンサーサイト
  1. 2012/08/26(日) 10:00:02|
  2. 【感想】仮面ライダーフォーゼ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<< 【感想】仮面ライダーフォーゼ THE MOVIE みんなで宇宙キターッ! | ホーム | 【感想】特命戦隊ゴーバスターズ Mission26.小さな強敵!司令室SOS>>

コメント

最後の最後まで涙が溢れて止まりませんでした…
賢吾からのメッセージで泣き、賢吾からの願いでさらに泣き…
理事長が願いとしてプレゼンターと会う事を託す所で泣き…
賢吾が戻ってきたことでさらに泣き…
泣きつくした後に来た流星と友子のシーンで公式ぃぃぃぃぃ!wと、思わず叫びwww

次はウィザードですね、期待感はあります。
でもCMで見たベルトの「シャバドゥビタッチヘンシーン!」に笑っていたりw
色々と楽しみですw

それでは
  1. 2012/08/27(月) 17:31:17 |
  2. URL |
  3. リュウガ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://syanakiva.blog.fc2.com/tb.php/102-29acefbc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。