紅蓮の牙

二次創作中心。仮面ライダーキバと灼眼のシャナのクロスを連載中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【感想】仮面ライダーフォーゼ THE MOVIE みんなで宇宙キターッ!

俺にしては珍しく、今回は本編最終回後に見ました。
……Wの映画の時も思ったんですが、この盛り上がりは最終回でよくね?
いや、むしろこれはある意味、もう一つの最終回と呼ぶべきものなのか……。

と、そんなことを思いながら感想。

例によってネタバレ注意。











・如月弦太朗
「頭にキターッ!!」
衛星破壊兵器とさえも友達になる相変わらずの主人公。
彼が流す涙はこちらの涙腺耐久値をことごとくゼロにしてくれます。
今回は、XVⅡの想いを汲んでやれなかったことを本気で悔やむ姿が、一番印象に残りましたね。
謝る為なら、XVⅡを守る為なら、自分の何倍もある相手をワープドライブさせちゃうあたりが、弦ちゃんの弦ちゃんたる由縁ですな。

・朔田流星
「お前はもう一人で戦う必要はない」
もう一人の主人公。
ロンリーウルフだった彼が、インガに対して「仲間になれ」と言うシーンは必見です。……本当に変わったねこの子も。
今回初めて流派の名前が明かされましたが、あの名前は仮面ライダースーパー1の赤心少林拳を意識したんでしょうかね?

・ライダー部の面々
スーパーヒーロー大戦と違い、それぞれに出番があって何よりでした。
相変わらずカッコいい賢吾の友情の誓い、ユウキのスイッチカウント、美羽の男前さ、大文字先輩の豪快なダイザー捌き、JKのリュウタばりに上手いダンスアクション、相変わらず流星にべったりな友子、さりげなく伏線を張る大杉先生……と、数え上げるとキリがありません。
今回は確実に、ライダー部全員が主役でした。

・XVⅡ
衛星破壊兵器。しかし人殺しを好まず、自らの存在意義に逆らい続ける漢。
旅立った宇宙の果てで、撫子に会ったりしてくれないかな……とか妄想していたり。

・ホロスコープス
本人達はあまり出番なし。しかしエネルギー体の出現により、まさかのホロスコープス全員集合。
……いや、別にいいんですけど、なんで一番最初の脱落者が蟹さんなんですか?テレビで扱いが良かったことの反動ですか?ならリブラでいいじゃないですか(酷)

・キョーダイン
部長(装備品ローラースケート)と秘書(元スーパー戦隊)の正体にしてラスボス。
キョーダインは知らんのですが、原作じゃ正義側なんですよね?ここまで清々しい外道にしたのは、もう完全な別物としたからだったのか……あ、でもデザインは好きです。
・インガ
キョーダイン達の開発者の娘。父の生み出した罪を清算するため孤軍奮闘、流星と同じ流派、何かとエロい衣装とおいしい役所。ラストの流星に向ける表情が本当に柔らかで、不覚にもときめきました。

・ブラックナイト
インガへの見事なまでの忠君っぷりとは裏腹に、あまりにもあっさりやられてしまった宇宙鉄人。寡黙キャラは好みなので、もうちょい掘り下げて欲しかった……

・仮面ライダーヴィザード
「お節介な魔法使いさ」
恒例の先行登場ライダー。しかし予想以上にチャラい(笑)この性格のままで行くなら、また今までにないタイプのライダーになりそうだなぁ。あとキックストライクはどう見てもバーニングザヨ(ry

・フュージョンスイッチ
無理なワープドライブで破損したスイッチ。しかしライダー部のみんなは、XVⅡから託されたフュージョンスイッチをマテリアライズすべく、弦ちゃんをよく知る人々にスイッチを渡し、コズミックステイツの要領でコズミックエナジーを集めようとします。
このシーンのみんなは本当に必死で、弦ちゃんと流星を助けたいという想いに溢れていました。あのBGMがまた更に泣きを誘う……(;_;)

・JK「新田!都合のいいこと言ってるのはわかってる!でも頼む!このスイッチを押してくれ!」
新田「……仕方ないな」
今作の隠れた名シーン。JKと新田くんの和解は本編じゃ有耶無耶になってしまいましたから、こうした形でその後が見られるのは嬉しいです。新田くんはまだJKを許してはいないと思うけど、あの時とは違うJKの必死な姿に、何かを感じてくれたのではないでしょうか。

・弦ちゃんを想う人々
スイッチを託されたのは、弦ちゃんと関わった天校のみんな。彼らが何の迷いもなくスイッチを押したのは、弦ちゃんが今まで頑張って築いてきた友情の結果だと思うと胸熱です。
理事長がいたのにはやや疑問ではありましたが、彼もまた弦ちゃんの力を買っていたのは確かなので、そこにはライバル関係にも似た繋がりがあったのでしょう。

・「3、2、1……スイッチオン!」
みんながスイッチを押し、絆を繋ぐことで、遂にフュージョンスイッチは完成します。
ここでJKと友子の持ってるスイッチが、さりげなくエレキとファイヤーなのがニクイ演出です。

・絆のフュージョンステイツ
「人間を切り捨てたお前らなんかに、負けるわけがねぇんだよ!」
フュージョンスイッチによって完成したのは、フォーゼとメテオが合体したフュージョンステイツ。
弦ちゃんの荒々しい戦い方と、流星の流れるような動きが見事に融合していました。
というかこれに限らず、今回の映画はバトルシーンが凄いのですよ。ホロスコープス戦なんか、弦ちゃんのスイッチの特性を活かしたハンパじゃない……ランチャーで学校壊してたかつての弦ちゃんはどこへ(笑)

・月面でのキョーダインとの最終決戦。
キョーダインの変形にはかなり驚きました。原作でも変形しとったのだろうか……しかし個人的には、三色パワーダイザーには負ける(え
そしてラストを飾るは、フォーゼのライダーフュージョンロケットドリルキック。もう弦ちゃんのネーミングセンスが堂々とし過ぎてて、否応なしに格好良く見える不思議(笑)

・フラグ
「賑やかな仮面ライダー部のみんなによろしくね」
去り際、仲間だと言ってくれた流星の頬にキスしていくインガ。その様子を漆黒のオーラを纏いながら見る友子……ただ の俺得です本当に(ry
公式、早くこの二人くっつけてくれ。最終回といい、もう色々と心臓が保たんのだよ……っ!

・旅立つXVⅡ
めでたく弦ちゃんと友達になったXVⅡは、安住の地を求めて旅立っていきます。
友情の証もとうとう巨大メカと交わすまでになりましたか……本当に弦ちゃんの器は底無しですね。







フォーゼらしい、勢いと爽やかさに満ちた映画。
本当、最近のライダー映画はハズレなしで嬉しい限りです。
ムービー大戦も楽しみだ。
スポンサーサイト
  1. 2012/08/27(月) 18:56:17|
  2. 【感想】仮面ライダーフォーゼ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

【感想】仮面ライダーフォーゼ 最終話.青・春・銀・河


最終回。
青春を駆け抜けた若者の物語、ついに完結です。

・消えた賢吾を悼む隙もなく、爆発するラビットハッチ。こらまた派手にぶっ壊れましたね…ムービー大戦には出ないのか。

・「食堂に新しいメニューの野菜スープがある。是非食べてくれたまえ」
賢吾を消した後に何食わぬ顔でこの一言。マジ怖いです。

・圧倒的な力に意気消沈するライダー部。そこでユウキは、賢吾から渡された手紙のことを思い出します。そこには「我望を恨まず、ただ止めて欲しい」という願いと、ライダー部へのみんなのメッセージがありました。

・「ちゃんと料理が作れて安心した」
「……料理くらい、作れるよぉ……」
個人的にユウキへのメッセージが一番胸に来ました。なんか物凄くまっすぐに感じたんですよ、ユウキへの言葉が……ひょっとしたら弦ちゃんへのメッセージ以上に。

・「残り少ない時間を自由に過ごしたまえ」
理事長の最後のスピーチ。天校が恐怖に包まれる中、立ち上がるは再起したライダー部。
OPと同じ構図で廊下を歩く弦ちゃんの顔が鋭いこと鋭いこと。

・「あんたの怒りも、絶望も、全部ひっくるめてダチになる!」
メテオと共に最後の戦いへ望む弦ちゃん。しかしそれは恨みではなく、理事長を受け入れる為の戦い。食堂でスープ食ってたのは、理事長のことを少しでも知りたかったからだったんですかねぇ……

・「仮面ライダーフォーゼ!!最後の……タイマン張らせて貰うぜ!!」
ここでステイツチェンジラッシュはいいですね。去年のライダーはフォームが100以上ありましたから現実的に不可能でしたし(笑)

・「弦太朗と、この天校で出来た友達と一緒に生きる!自ら滅びを求める男に、負けるわけがない!」
一方でメテオとレオの戦いも遂に決着。
敬愛する男に命を捧げた男と、友達と一緒にいる為に生き残ろうとする男。
軍配が上がったのは、友達とある未来へ、懸命に食らいついた流星でした。
ラストバトルだけあって、壮絶な戦いでしたな。ストームパニッシャーでの倍返しカウンターには痺れました。


・「アンタに贈り物がある……」
ワープドライブで理事長を天校に連れてくる弦ちゃん。そこではライダー部のみんなが、理事長からの卒業式を準備していました。
理由はどうあれ、自分達が変わるキッカケをくれた天校を作ったのは理事長。だから彼の思惑から卒業し、自分達の天校を掴むという意志表示。なんか、今までの最終決戦とは毛色が違いますね。

・「3、2、1!! 宇宙キターーー――ー!!」
そして決まり手、全ての始まりとなった、ライダーロケットドリルキックで弦ちゃんはサジタリウスノヴァにトドメを刺します。

・「ダチになってくれ、理事長」
「……本当に、何者なんだキミは」
「俺は如月弦太朗!!天校の連中全員と友達になる男だ!!」
ラスボスとさえも和解する男、如月弦太朗!やっぱりただ倒すだけってのは、弦ちゃんには似合いませんね。ぶつかり合って受け入れるからこその弦ちゃんです。

・「君達がプレゼンターに会え!!私が成し遂げられなかったことを、君達がやってくれ!」
「約束は果たせなかったな……だが、私の生徒達が必ず行く。その時はよろしく頼む……」
友達になったのも束の間、強制進化の影響で、理事長の命は尽きかけていました。公園でかつて夢見た宇宙に想いを馳せる理事長。しかし、彼がかつて失った友達を取り戻し、彼の夢も新たな時代に引き継がれた――そう考えれば、理事長もまた救われたのではないでしょうか。
欲を言えば、賢吾の父への謝罪が欲しかったですが…まぁ、軽々と謝るのも理事長らしくないかもですね。

・「人から渡された手紙はちゃんと読め」 賢吾のいない辛さから、一話の橋で手紙を捨てようとする弦ちゃん。しかし、そこには消えたはずの賢吾が!
理事長が死に際、アクエリアスの力を使い、コアスイッチを再生させていた模様。理事長……粋なことしやがって……。
彼にも、立神と同じ力があったのでしょうかね。サジタリウスのパワーを考えれば、不思議なことではないかもですが。

・「違うよ。そんなんじゃない。……じゃあまた」
「……そう、彼女さんじゃないんだ」
昴星に帰る流星と、見送りにきた友子の会話。
もうこれは期待していいですよね?ムービー大戦で付き合ってる二人が見られるのを!

・一方で美羽と大文字さんの仲は相変わらずでした。まぁ、この二人らしいといいますか(笑)
そして、二人の前を通り過ぎる魔法使い。来週からの彼の物語にも期待です。

・「次は宇宙人ともダチになるぜ!」
ランとハルも加わったライダー部は、気持ちも新たに次はプレゼンターとダチになるべく動き出します。
銀河へ轟く若者の叫びと共に、フォーゼの物語も完結を迎えました。




いや、終わっちゃいましたねフォーゼ。最初はオーズ以上に見た目の批判があったライダーでしたが、終わってみればソツなく、青春を謳歌する若者を描く学園モノと仮面ライダーを、うまく融合させていたのではないでしょうか。

まぁ、指摘したい点も無いではないですが……。

・ユウキと離れている間、弦ちゃんに何があったのか。(第二話のユウキの「弦ちゃんちょっと変わったね」という発言から)
・プレゼンターとは何者だったのか。
・弦ちゃんの両親の小難しい名前の仕事とはどんな仕事なのか。

ざっと未回収の伏線を上げてみましたが、特に最初に指摘した点が気になります。
ジェミニ回での回想シーンの弦ちゃんは、友達を信じようとするスタンスは同じでしたが、ユウキの宇宙の声発言に対して「そんなのあるわけない」と常識的に返しています。今の弦ちゃんを考えると、やはり違和感を覚える発言です。
子供の頃の話と言えばそれまでですが、あの底抜けの友達至上主義になるには、よっぽどの出来事があったと思うんですよね……そのあたり、ムービー大戦での回収を期待します。




まぁ何はともあれ、フォーゼらしい爽やかなラストだったことには違いありません。
スタッフやキャストの皆さん、一年間お疲れ様でした。

ムービー大戦が待ち遠しい限りですが、今は次世代ライダーのウィザードを楽しみましょう。
  1. 2012/08/26(日) 10:00:02|
  2. 【感想】仮面ライダーフォーゼ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

【感想】特命戦隊ゴーバスターズ Mission26.小さな強敵!司令室SOS

・ヒロムにペンを返して欲しいと、ヨーコに頼む仲村さん。
どうやらまだヒロムとは打ち解けられていない様子。
あー、確かに仲村さんとヒロムの会話シーン、バスターズの中で一番少ないかも。

・「はーい。では教科書開いてぇ。……夏休み」
エンターさん何してはるんですかwww教師コスで一人芝居とか虚し過ぎるぞwww

・「おやびーん!!」
本日のメタロイドはケシゴムロイド。のはずが、消しゴムからは何も生まれず、メガゾードだけが転送されます。
その消しゴムを捨て、さっさと退散するエンターさん。
が、その消しゴムは小さいながら、確かにメタロイドになっており……

・「授業を終わります」
コスプレには最後までこだわる。それがエンターさんクオリティ。

・「メタロイドはどこだ?」
「(顔を逸らして)今回は実にトレビアンなメガゾードを用意しました」
「いや、そうじゃなくて」
ここの流れが秀逸過ぎるwww

・「メタロイドは失っ……っぱっぱ」
エンターさん誤魔化せてないです。

・「ケシシシ…全て俺様の力さ」
一旦戻ってきたバスターズのみんな。
しかしなんと、密かに潜入していたケシゴムロイドの力で、バディロイドとパソコンのデータメモリが消されてしまいました。
あれ?こんな展開前にもあったような……そう、あれは去年。CV千葉&檜山の兄弟が(ry

・「ジュッデーム」
おいやめろwww

・そんなこんなでメガゾード戦へ。
しかしケシゴムメガゾードの力によって、コンバインオペレーションのデータも消去。陣さんとJも駆け付けますが、こちらもコンバインオペレーションのデータが削除され、メタロイドも未だに基地で暗躍中。
ギャグ回かと思いきや、結構ピンチですな。

・あれ?肩ランチャー?エースそんな装備あったん?

・仲村さんの指示により、コンバインオペレーションをオートマチックからマニュアルに切り替えることに。
そのタイミングは、仲村さんと森下さんで計算することに。

・「うぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!」
森下さん以外な特技(笑)

・「ちょっと黙ってて!」
「……スンマセン」
焦るヒロムにキレる仲村さん。……なんか仲村さん普通に可愛いw

・「基地に足のついたケシゴムをくっつけて行くとはな!」
「それだよ!」
Jww気付いてたなら言えwww

・「ここは私に任せろ!」
ここでなんと長官がケシゴムロイドの相手をすることに。
……大丈夫なのか元インテリ派。

・「俺の合体パート2だ!」
合体不可になった機体の代わりに、JのSJ05とゴーバスターエースが合体した姿、ゴーバスターエース・スタッグカスタム!
……かっけぇ!腕に新武装がついただけなのになんだこのかっこよさは!

・J「飛ぶぞ!」
ヒロム「え?」
吹いたw

・「こうなりゃ破れかぶれだー!」
長官弱いwww

・森下さんがケシゴムロイドの相手をする中、仲村さんの指示のもと、どうにか合体に成功。メガゾード、メタロイドも駆けつけたレッドバスターによって削除完了!

・「今日はいろいろ言っちゃってすみませんでした」
ここで謝れるようになったあたり、ヒロムも成長したなぁ……かと思いきや、

・「ちょっと怖くなくなりましたから」
「怖い?……ああ、仲村さんのことですか?」
やはりヒロムはヒロムでしたとさw
  1. 2012/08/22(水) 16:19:37|
  2. 【感想】特命戦隊ゴーバスターズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【感想】仮面ライダーフォーゼ 第47話.親・友・別・離

・「俺はコアスイッチから生まれたコアチャイルドだ」
全てを知ったという賢吾。彼は月で生まれ、コアスイッチを核にマテリアライズされた存在。
プレゼンターが地球を観測する為、ばらまかれたコアスイッチから生まれたコアチャイルド、それが賢吾だという。
……つまりは、モジュールと似た構造ってことなんですかね。

・賢吾は地球の情報をプレゼンターに持ち帰るべく、宇宙に旅立たねばならない。
覚醒し、人間の感情を失った賢吾に、みんなは何も言えず……。

・一方で、未だにプレゼンターの元に旅立てない理事長。
レオさん荒れまくってたんやねぇ……理事長も「そうだったな」と言うあたり、レオさんを友達と思っていなくとも、信用はしてたんでしょうね。

・戸惑うライダー部のラビットハッチを、レオさんが襲撃。
今回アクションすげーな。坂本監督か?

・「生徒に手を出すなぁ!!」
大杉先生、アンタ輝いてるよ!!

・「だって、そうでもしないと辛過ぎるじゃないか!!」
弦太朗に問い詰められ、みんなと別れる寂しさを吐き出す賢吾。
本当に彼は変わりましたねぇ……一話であんなツンケンしてた子が、友達との別れの寂しさを口にするとは。

・「俺達は自分達の力で、必ずお前に会いに行く!」コアチャイルドとしてではなく、俺達のダチ代表としてプレゼンターに会いに行けと、胸を張って賢吾を送り出す弦ちゃん。
弦ちゃんの泣き顔はこちらも貰い泣きするのでヤバいです。しかし今回はそれ以上に、はやぶさ君の歌を歌いながら、悲しさを堪えるユウキがもう見てらんなくて……(;_;)

・「キミのような男には一生わからないだろうさ。孤高の苦しみはね」
その後、ラビットハッチに駆け付けた弦ちゃん達の前に立ちはだかる理事長達。
……なんか賢吾と同じくらい、理事長も見てらんないんだよなぁ……このセリフも「もう後には退けないから、ただ前に進むしかない」って感じで。

・「ユウキ!今までありがとう!」
ユウキと1対1での別れのシーンを入れてくれたスタッフに乾杯。

・メテオの青オーラにこんな使い方が……いや、教授が作ったと考えれば、そう不思議なことではないのかもですが。

・「お前に会えて良かったよ。弦太朗」
最後の最後で……さんざん「名前で呼ぶな」と言い続けていた賢吾が、弦ちゃんの名前を……!

・しかしそんな余韻も虚しく、理事長のサジタリウスノヴァの放った必殺キックが賢吾に炸裂。
コアスイッチが砕かれ、賢吾の身体は霞のように消滅。
月面には、弦ちゃんの絶叫が――というところで次回、遂にフォーゼ最終回へ。




いや、毎回毎回この時期は虚しくなりますね……一年という長い間、その活躍を見てきた仮面ライダーが完結を迎える節目。果たして弦ちゃん達仮面ライダー部と、理事長達ゾディアーツとの決着やいかに。
  1. 2012/08/22(水) 11:53:49|
  2. 【感想】仮面ライダーフォーゼ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

【感想】特命戦隊ゴーバスターズ Mission25.アバターの謎を追え!

・いきなり怪談の陣さん。顔の彫りが深いから、ロウソク当たると怖いwww

・陣さんを呼び出したのはリュウさん。
どうも陣さんが他に何か隠し事をしてないか気になるようで。

・エスケイプ「メタウイルス、怖がらせる」
エンター「そのまんま」
なんだかんだで仲良いなこの二人w

・ロウソクロイドの能力は火を見せ、相手を恐怖の夢世界に捉える力と、かなり強力。
ヒロム→ニワトリ
リュウジ→ゾンビ
ヨーコ→陣さんの怪談話
……リュウさん結構怖いもの嫌いなのか(笑)

・陣さん「J、俺に被れ!!」
J「了解!!」
なんと珍しいwwwいや、ロウソクの火防御しなきゃいけないから仕方ないけど。

・陣さん「お前走るの遅いな!!」
前回お祭り状態だと早かったぞ確か(笑)

・ロウソクロイド「失敗を次に活かす!!」
なんて殊勝なメタロイド。

・リュウさんはロウソクロイドの能力に絡め、陣さんのアバターが当時の姿のままなのは「それ以降の自分の姿を知らないからでは」と推測します。
しかし陣さんは多くを語らず、リュウさんの質問を突っぱねて……

・「デモもストもねぇんだよ!!」
さすが陣さん言い回しが古いw

・再び現れたロウソクロイドは、テレビ局の収録を利用して、人々に火を見せようとします。
幻覚が効かないJを盾に(ひでえ)しつつ抵抗。しかしエスケイプが増援に現れ…

・「イイモノっつったら」
「俺だ!!」
もうJが面白すぎるw

・「テメエを倒す……!!」
エスケイプと戦う最中、スポットライトを浴びて熱暴走するリュウさん。
真面目な人間が考えて行動するのをやめると怖いのは、橘さんが証明しています。
銃に傷をつけられ、「いつかまた」と退散するエスケイプ。
こりゃいい因縁が生まれましたね。エスケイプはリュウさんと最終決戦になるのかな?

・「お前にも頼むことはあるんだ」
最後は川端で花火大会。
しかしリュウさんは陣さんの言葉から、亜空間にいる人間が、もう普通の姿ではないのかと推測。
……エスケイプに続き、今回は伏線回でしたね。みんな名状し難いものになってたりするのか。

・くっそwwしんみりな締めかと思ったら最後の虫取りJに全て持ってかれたwww
あいつはなんであんなに面白いんだwww

そして次回。
……なんだか長官回になりそうな予感(笑)
  1. 2012/08/15(水) 18:02:20|
  2. 【感想】特命戦隊ゴーバスターズ
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

【感想】仮面ライダーフォーゼ 第46話.孤・高・射・手

さぁ、みんなで一緒に叫びましょう。
せ~のっ、










(;0w0)ダディャーナサン!オンドゥルルラギッタンディスカー!!


いやー、ぶっちゃけ騙されたwこのまま正義の人として死ぬかと思いきや…いや、ダークネビュラに消えただけだから、来年のムービー大戦あたりで戻ってきそうですが(笑)

・(0M0)「ウワァァァァァァ!!」
サジタリウスの危機が一旦去り、弦ちゃんと流星は校長の導きのもと、理事長の赤い部屋へ。
しかしそこにはジェミニ(立神の分身体?)の爆弾があり、校長がその爆発に巻き込まれてしまいます。

・賢吾は前回から続く発作のせいか、自宅で寝込むことに。
ユウキの手料理とか羨ましいぞオイ(え

・一方、人質に取られたハルを救うため、蘭はレオと一騎打ちに。そんな中、現れたのは……

・「私を理解して下さるのは我望様だけだ!!」
リブラスイッチを取り戻し、フォーゼに化けた校長でした。
校長はビスケス覚醒の為、ライダー部を利用していたのです。……橘さんの頃の騙されまくったフラストレーションのせいか、こっちじゃ騙しまくってるな橘さんw

・ルラギられたと知り、怒りに燃える弦ちゃんと流星。
しかしそんな怒りも虚しく、サジタリウスの乱入により、12スイッチによるダークネビュラの生成が始まります。

・プレゼンターの元へと旅立ちかけるサジタリウス。しかし、教授のUSBを見た賢吾は、ダークネビュラが開く瞬間、サジタリウスが極度に弱体化することを突き止めていました。

・「我望様、見て戴けましたか…私の存在の重さを…」
サジタリウスに放たれた超銀河フィニッシュ。しかし、リブラが盾となり、フォーゼの攻撃は失敗。
代わりにリブラはダークネビュラへ呑まれていきました。
遂に校長退場ですか…なんか寂しい。
意外にも、敬愛する人物を庇うという男気ある最後でしたね。さんざん扱いが酷かった中で、この最後はなかなか校長的には良かったんじゃないでしょうか。
・「友達などではない!!」
自分をかばったリブラにさえ、私の周囲を廻る衛星に過ぎないと、冷たい言葉を投げかけるサジタリウス。
…孤高っつーか、孤高であろうとする人って感じなんだよな。最近の理事長。最後の瞬間にゃ改心して貰いたいもんですが…

・「友達を何だと思ってるんだ!!」
非情な理事長にキレた賢吾。謎の光によって、ダークネビュラを消し去ります。
そして賢吾の中から現れたのは、コアスイッチ……?



そして次回予告。
まさか賢吾……やっちゃうんですか?今まで弦ちゃんが担ってきた役割を、この最終局面で!?
  1. 2012/08/12(日) 11:09:11|
  2. 【感想】仮面ライダーフォーゼ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

【感想】特命戦隊ゴーバスターズ Mission24.トレビアンな夏祭り

・何故かのっけから留守のヒロム。リュウさんとヨーコはそんな彼のプライベートが気になるようで。

・ウサダ「意外と映画見に行ってたりして」
絶賛公開中の「東京エネタワーを守れ!!」ですねわかります。

・ヨーコとリュウさんが向かった先には、なんとピエロ服のヒロムが。
どうやら中学生の大道芸部を手伝っていたようです。
ちょくちょくピエロ服着てたのは伏線だったのかw

・一方、最近いろいろフラストレーションの溜まってるエンターさん。
髪おろし+浴衣服。……ようやくオフ貰えたんですねエンターさん(ちょっと感動)

・「ワタアメいらんかね~」
今回の敵はワタアメロイド。エネルギーを絡め取る能力を持っている様子。
夏らしい陽気さ溢れるメタロイドで御座います。

・そんな時、ヒロムを引き止めたのは、中学の先生。ちょっとヒロムも頭が上がらない様子。

・「(エンターに向かって)随分浮かれたカッコしてるじゃねぇか!!」
まったくです(笑)

・「そのワタアメ上手そうだな。俺にくれ」
「そのワタアメをよこせと言っている!!」
Jwww

・「なんとか中止にしないで済む方法ってないですか?」
珍しく合理性を取らないヒロム。
フェスティバルを中止にされたくないのと、今回が先生の送別会で、「一人でできることの少なさ」を教えてくれた先生に恩を返したいから。

・「今の俺に友達なんて必要ないです」
なにこの厨二病www
・「いや~、いいものが当たった~!!」
だからJ、お前はどこに行こうとしてるんだwww

・夏祭り会場を襲うメガゾード、しかしそこには忘れ物をしたという先生が。
どうやらみんなの記念写真を取りに行ったようです。
……今更ですが、ニックがナチュラルにここにいるのはいいんですか?w

・「待て待て!!ワタアメをやる!それで許して!!」
「人生……甘くな~い!!」
どんな命乞いと辞世の句だwww

・巨大ロボ戦は、久しぶりのゴーバスターエース単品での戦い。やっぱり個人的にはゴーバスターオーよりエースです。

・「先生が行ってたこと、今ならよくわかります」
改めて先生に感謝を伝えるヒロム。
今回はヒロムの成長を再確認する回でもあったようですね。
夏らしく、爽やかなオチでした。
  1. 2012/08/11(土) 15:49:55|
  2. 【感想】特命戦隊ゴーバスターズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【感想】仮面ライダーフォーゼ 第45話.天・秤・離・反

校長のガチな改心に本気でビックリました。
退場する時は崖からレオと飛び降りて相打ちですねわかり(ry

・本日は賢吾の誕生パーティー。
賢吾の「人間らしいのも悪くない」って台詞……伏線じゃないよな?

・と、何故かその食堂にはコック姿の理事長が。
何でも自分でやろうとする理事長は、お手製のスープを振る舞います。
……壊滅的に似合わないなこの服ww

・「友を必要としない人間もいるのだよ」
理事長と友達になろうとする弦ちゃんに、こう突っぱねる理事長。
ここの理事長の声音マジ怖い(°Д°;)
しかしそんな中、賢吾がいつもの発作で倒れ……。

・久々登場の蘭とハル。お見舞いに来る弦ちゃんとユウキの前に、我らが校長が現れます。
「ハルに海外留学の話が来た」とのことですが、真の目的は最後のゾディアーツ、ビスケスである彼女を遠ざけること。
……あれ、校長。あの派手なスポーツカーは?まさかの二台持ち?

・そう上手くはいかなく、レオがハルを狙って現れます。そんな中、遂に校長はフォーゼにリブラとしての正体を明かし……。

・「私は我が身を守るためなら何だってする!」
カッコいい声音でカッコ悪いことを言う校長(笑)
しかしその必死さが、逆に弦ちゃんの信用を買ったらしく、校長はライダー部に理事長の目的『学園を開き、ホロスコープススイッチを生む生徒を見つけること』『ホールを拡大すること』を話します。

・「リブラスイッチを渡して貰う」
「……まぁ、当然だな」
素直に流星にスイッチを渡す校長にちょっとビックリ。
しかし、これが後々面倒な事態を引き起こすことに…

・「なんだこれは……俺宛て?」
蘭を美羽の家に匿い、賢吾、JK、校長は今は亡き教授の部屋を探索。
そこで賢吾は謎のUSBメモリを見つけます。

・「マズいぞ弦太朗君!それはアクエリアスの欠片だ!」
レオは先の戦いの折、蘭にアクエリアスの欠片を仕込み、居場所を掴んでいました。
すみませんレオさん、あなたの変身するアクエリアスは、体格的に普通にキモイですww

・フォーゼとメテオはレオと交戦しますが、どさくさに紛れてリブラスイッチを強奪。しかも鬣付きのダスタードが足止めに。
この鬣ダスタードは面白いデザインですね。もちっと戦い見たかった。
・「私の生徒に手は出させない!」
レオに追い詰められた蘭を救った校長。
……カッコいいはずなのに、ついつい「またルラギルんだろ?」とか深読みしてしまう俺は心が濁ってますねすみません;
あと飛び降りる時のアクションがまんま橘さんな件wwww

・「見てるだけなんてできない!」
無力な自分を嘆いた蘭は、校長の制止も聞かず、ビスケスに変身してしまいます。
これがビスケスですか。半魚人みたいなデザインは予想してましたが、なかなかスタイリッシュなフォルムですね。
そして液化能力……てつをとシャウタが黙ってませんなこれは(何の話だ

・「キミの価値観だけが全てではないのだよ」
そこに乱入する理事長。
相変わらずラスボス感漂う人だなぁ……前作のラスボスがあんなん(ヤァメェロ!!)だったから余計にww

仮面ライダーウィザードの情報も出だす中、フォーゼもクライマックス。
ラスボスは果たして理事長なのか、はたまたプレゼンターとやらなのか……?
  1. 2012/08/08(水) 19:09:51|
  2. 【感想】仮面ライダーフォーゼ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

【感想】特命戦隊ゴーバスターズ Mission23.意志を継ぐ者

・本日はヨーコの誕生日。バディ達がバラバラのバースデーソングを歌う中、亜空間から陣さんも駆け付けます。
どうやら彼は、ヨーコの母と知り合いだったらしく……

・「マジェスティが自分で考えて行動したことに感動しております」
あ、エンターさん絶対キレてるわコレwww

・エスケイプに不満はあるようですが、エンターさんもエネトロンの為と割り切り、今回は共同戦線。意外と仲良さそうですね。この二人は。

・今話の敵はジシャクロイド。
文字通り、敵をくっつける力を持つメタロイドで、油断したヒロムとニック、リュウさんとJがそれぞれくっついちゃいました。
……なんかリュウさんとJのくっつき方がいかがわし(やめろ)

・母と磁力で引き離された子供を慰めるヨーコちゃん。
その姿に陣さんは、ヨーコの母の面影を見ます。
うーん、そう言えば陣さんは、ヒロムとリュウさんに発破はかけましたが、ヨーコには何もしませんでしたね。彼女にはちょっと過保護に接してたんでしょうか。

・残されたヨーコと陣さんは、開発中のプロテクターで磁力に対抗することに。
なんか噂じゃ、バスターズにも強化変身があるようなので、それの伏線でしょうかね。
しかしそのプロテクターには、変身後に使えないリスクがあり……

・「しかし、亜空間の陣にはダメージがある」
ジシャクロイドと再戦する二人でしたが、そこにエスケイプが援軍に現れピンチに。
「自分はアバターだから大丈夫」という陣さんですが、ここでうっかり屋のJが、アバターが死ぬと本体の陣にダメージがあることをバラしてしまいます。
あー。やっぱりリスクありましたか。
まぁこのくらいのリスクがないと、アバター設定が便利になり過ぎちゃいますし、丁度いいのかも。

・「自分の大切なものは、自分で守れるよ」
「ヨーコちゃんに何かあったら、お袋さんに顔向けできない」という陣さんに、凛と切り替えすヨーコちゃん。
今までは子供っぽさが引き立っていたヨーコちゃんですが、ここで成長を見せてくれました。

・「今回ばかりは俺もどうかしてたな」
過保護な面を反省し、ヨーコ、そして駆け付たくっつきコンビ達と共に、エスケイプとジシャクロイドを退ける陣さん。
過保護というか…やっぱりヨーコちゃんの母親に、尊敬以上の想いがあったんじゃないのかな…今回の行動を見る限り。
・「陣…お前は何のために亜空間から戻ってきた?」
メガゾードも無事に退けたバスターズ。しかし黒りんとリュウさんは、隠し事をしていた陣さんに疑念を持ちます。
……なんか嫌な伏線になりそうだなぁ。アバターの設定と陣の隠し事。
意外と敵になっちゃったりするんじゃなかろうか。
  1. 2012/08/06(月) 07:47:18|
  2. 【感想】特命戦隊ゴーバスターズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

響鬼の…





先週土日を利用して、響鬼のたちばなの撮影場所となった店、『竹むら』行ってきました。

手前にあるのは、わざわざ持ってった響鬼メモリ(笑)

残念ながら定休日だったので中には入れず。
次回こそは……!

  1. 2012/08/02(木) 16:39:28|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

【感想】特命戦隊ゴーバスターズ Mission22.美しきアバター エスケイプ

・「アナタはいいもの?悪いもの」
エンターさんの前に突如として現れた新たなアバター、エスケイプ。
……またエッロい姉ちゃんが来たなオイ;日アサに出していいのかこの人、子供番組らしかぬ色気だぞww

・一方でバスターズは「最近開催された探索イベントの会場で、エネトロンが狙われる」という情報を入手。
ガセネタの恐れもありましたが、結局ヒロムとヨーコが潜入することに。

・「ヒロムってさ…結構形から入るよね」
潜入のため、物凄いテンプレな探偵コスをするヒロム。……意外とコスプレ好きなんですかね。前のエンターさんコスの時といい。

・「パンフレットにニワトリが!!」
忘れた頃にやってくる、ヒロムのウィークポイント。

・難なく探索イベントの会場に潜入。と、そこでエネトロン奪取の情報は、参加者のショウタという子が、バスターズを呼んで友達を驚かせるためについたガセネタだということが発覚。
しかし、嘘から出た真か、そこにはエスケイプと鍵から生まれたキーロイドがいて……

・「助けてくれ!!俺はまだ死にたくない!!」
エスケイプとの戦いで参加者に被害が出ることを危惧し、土下座して彼女の注意を逸らすヒロム。
作戦としては百点なんでしょうが……なんというか、ヒロムの素晴らしい土下座に感服しました(え

・キーロイドの能力は様々なものをロックする力、その力で、参加者は会場に閉じ込められてしまいます。
待機していたブルーバスター、そして昆虫バスターズの活躍により、どうにか鍵は解除されました。
……Jはブレないなぁ。こんな時もww

・「俺が知ってればそれでいい」
ショウタがさっきの演技に対して「みんなバスターズを弱いと思ってもいいの?」と聞いた時の、ヒロムの返答。
かっけーですね。ヒロムの合理的な性格がよく出てるセリフだと思います。
「悪を倒す為なら、どんな泥でも被る」とは世界の破壊者の弁ですが、人を守ることが使命のバスターズにとって、このヒロムのスタンスはやはり強みですね。
そこにきて、最近は気遣いが出来るようになってますから、ヒロムはどんどんカッコ良くなっていきますわ。
・「すぐ直してやる……!」
キーロイドさん溶接もできるなんて器用ですねww

・ショウタはバスターズを呼んで、友達の気を引こうとしたことを反省し、ヴァグラスに襲われた友達を必死に守ろうとします。
そんな彼に対し、ヒロムは「嘘をついたのには違いないが、友達を守ったことは本当。そのことは俺が知ってる」と告げます。
……なんか今回のヒロム滅茶苦茶カッコ良いんですがどうしましょう(いつもカッコ良いだろ

・「アナタ、とってもいいものみたい」
エスケイプの銃さばきはスタイリッシュで好きです。この戦い方については、正直エンターさんの戦い方より気に入っていたり。

・「私はお役御免というわけですか」
エンターさんはもうマジェスティにキレていいと思うんだ。

・キーロイドは撃破したものの、またしてもあの疑似亜空間が発生。
グレートゴーバスターオーで出撃するも、キーメガゾードの力により、動きがロックされてしまいます。
ほら、そんなゴチャゴチャした合体するから的がでかくな(ry

・「ブースターなら使えるぞ!」
バスターズの考えた攻略法は、ブースターで浮き上がり、そのままキーメガゾードの上に着地して鍵を破壊するというやり方。
……随所で言われてますが、これやっぱりダイレンの大圧殺ですよねww

・キーメガゾードを倒し、グレートゴーバスターオーは、ショウタ達にガッツポーズ。
ヒーローのこういう姿に、子供達は憧れるんだろうなぁ…
  1. 2012/08/02(木) 08:47:53|
  2. 【感想】特命戦隊ゴーバスターズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。